欲しいからといって出来るわけではない…それが妊娠

子どもは授かりものとはいいますが、子どもが欲しいとき欲しくないとき、それは人それぞれ人生のタイミングがあるので、あって当然です。

しかし、いざ欲しいと思っても手に入るわけではないのが妊娠です。

子どもを授かるタイミングは、女性には月に一度しかないと言えます。生理が来るたびにそのチャンスを活かせなかったことを、まるで流産したかのように落ち込んでしまい、焦りと悲しみとやり場のない思いがこみ上げる…そんなこともありました。

しかし、パートナーのほうが、そんな女性の気持ちを理解しないでサポートしない、協力しないのが一番つらいことのように思います。

夫婦間とはいえ、それぞれ子どもに対する考えが違うのは当たり前なのですが、夫婦の間の足並みをそろえることは本当に難しいです。

できるだけ自分にやれることを、と思うと排卵のタイミングをきちんと計れるように基礎体温をはかることから始め、排卵検査薬を使う、などは普通に行っていました。

からだをなるべく温める、ストレスのたまらない生活をする、などということもありますが、足先を冷やさないように靴下を常に重ねばきするなどはしており、仕事の合間を縫って楽しいことをする、思い詰めるとますますつらいので、忘れられることをするのがすべてにとってよいように思います。

体重管理も大切で、やせすぎても太り過ぎてもよくないので、そこそこ運動をしてからだを動かし、栄養状態にも気を配っていました。

妊娠にいいハーブティーなども試してみましたし、アルコールも控えていました。妊婦によいといわれるようなことはしていたように思います。

自分自身を大切にして、あまり自分やパートナーを責めないようにすることが、一番大事なことのように思います。

着床しやすくするにはどうしたらいいかとか調べだすときりがありません。ただ、夫婦とも気負いすぎず、自然に健康的にを心がけるのが基本かと思います。

食生活と生活リズムと性生活リズムを変えてみた結果、妊娠したのです。

妊娠するかしないかは、殆ど神が決めるような事なので、必ずしもこれが正しいとは言えませんが、私達夫婦が取り組んだ妊娠活動(妊活)をお話しします。

私の妻は、中学生の頃に中絶をしてしまった経験を持っていて(本人は心から悔やんでいます)、それが原因なのか、結婚して1年が経ってもなかなか子宝に恵まれなかったのです。

勿論、子供を授かる意味も含めて、多い時で週に3回のペースで夜の営みを繰り返していたし、精子・卵子の検査でも共に問題は無かったのです。

しかし、私達夫婦を診察してくださった主治医の先生が、私達の食事内容や飲酒・喫煙・生活リズムについて突っ込んだ質問をし、その結果、食事によるビタミンや栄養バランスの悪さや喫煙、不規則な生活リズムなど様々な要因が不妊の原因ではないかと言われたのです。

その為、先生がアドバイスをして下さった点が以下の通りです。

  1. ご飯・味噌汁・野菜・肉・魚などバランスの良い食生活を心掛ける。
  2. 飲酒は控えめに、タバコは不妊の最大原因なので必ず禁煙に持って行く事
  3. 早寝早起きを心掛け、夜の営みを止めて、朝に夫婦の営みを行う(時間的な余裕を持って行う事は大前提)

この3つの基本的な事を半年くらい実践して、どうしてもダメならもう一度来てくださいと言われたので、上の3点を2人で頑張って素直に従ったのです。(普段は自分勝手な私達夫婦なので、本当に珍しい位です(笑))

大好きな友達の運命の出会い

私の独身の友達の話なのですが、30歳過ぎてそろそろ本気で婚活しないと!とお見合いパーティーに参加したり、友達に紹介してもらったりしていたのになかなかいい人に巡り会わなくて困っていたのです。

可愛い性格のいい子なので、「私だって結婚出来たんだから大丈夫だよ!」といつも応援していました。でも、失恋 辛いなど色々あって婚活も疲れちゃったみたいでしばらくお休みしていたらしいのです。

そんな中、沖縄に旅行に行った先で入ったお店やさんで、親切にしてもらった男性がいたらしく、なんと連絡先を交換したそうで、もうビックリ!

そう聞いたのが去年の今頃で、そのときは「そんな運命の出会い的なのってあるの~?」と思っていたのと、遠距離だから恋愛に発展するのは難しいだろうなと思っていたのですが、その後も頻繁に連絡を取り合って、月に1回位お互い行き来して愛を育んでいたようです。

そしてなんと先日結婚を前提に友達は沖縄に引っ越して行きました。私はすごく寂しかったですが、なによりも友達が幸せになってくれるのが一番嬉しいですね!

送別会をした時にはもう幸せなオーラを放ってて、私も新婚の頃を思い出しました。

過酷なキーセンで頑張る主人公が素晴らしい「ファン・ジニ」

魅力ある韓国映画がたくさん配信しているオンラインビデオ配信サービスhuluで、「ファン・ジニ」を見ました。貧しさゆえにキーセンという道に進まなければならなかったこの主人公に、何処か共感してしまうところがありました。自分の意思でそのキーセンという道に進み、その道を追求するという努力の行動が素晴らしいのです。

人から何と言われようと、自分の意思を貫いてはキーセンの練習に励むジニは、とても強い女性です。普通なら過酷な練習から逃げたいと思うのに、ジニはかえってそれをバネに頑張るのです。頑張ればそれがプラスになるところに、観ている人も逃げ出さずに頑張ろうと勇気を貰えます。

華々しいキーセンの世界も、実はその女性達がいかに悲しい思いをしているかがよく分かる映画でもあります。好きなのに愛してはいけない男性と会うのも気の毒です。

でも、彼女はそんな辛い経験を乗り越えながらも生きることを選ぶのが素晴らしいなと思うのです。最後までやり遂げる努力を学べる映画です。

韓国のキーセンの世界を楽しくこともできますし、その女性達の化粧や髪型、衣装などを見るのも楽しいです。韓国の自然溢れる風景も上手く捉えていて、そこも。この映画のスパイスとなっています。

より女性らしくを考えているキーセンの行動に、女性の美しさを見ることができました。男性との恋愛模様にハラハラしながらも、その男性と上手く付き合えたらいいなと応援したくなります。

若い女性達の美しい姿にも、癒されるような映画です。実在人物というところも、この映画に引き込まれるところです。

洋画のためにフールーを利用してメリットだったこと

オンラインで動画が見れる場所は近年で増加しています。私はそういったサービスに関心があって検索することもあります。フールーは以前から知っていて利用するためには時間が欲しかったです。

フールーを使うきっかけは洋画が見たくなったことです。しかし、普通のテレビでは気に入った作品が見れなかったのです。フールーなら好きな作品を手軽に見れて時間も設定されていないです。だからこの信頼できるオンラインビデオ配信サービスの利用を決定しました。

私は色々な洋画を見るのでフールーの内容には満足できました。ここにはテレビでは放送していない作品が多くて良かったです。私は時間を見つけてフールーを使ってリラックスしています。映画を見るのがこんなに楽しいと感じたのは意外でした。

また、新しい作品を発見するためにもフールーは役立っています。ここには洋画の他にも様々なジャンルを扱っています。私は海外ドラマも見て予想以上に楽しめました。これからは色々な映像作品を見て日常を楽しくしていきたいです。

近年のオンラインビデオ配信サービスはユーザーの期待に応えていると思います。フールーがそうだと思うのでまだまだ発展する感じがします。フールーの色々なジャンルを扱うというスタイルは非常に気に入っています。

自分が最も良かったのが移動中に映画を見れる部分です。フールーは常に映像作品を見れる環境なので助かることが多いです。これで時間を無駄にしなくなったという感覚は強いです。私は今後もフールーを使って映画と生活すると思います。

バジリスクというアニメをhuluで全部観れた

バジリスク ~甲賀忍法帖~というマンガがあるのですが、原作は忍者物で有名な山田風太郎先生、作画はせがわまさき先生で、絵柄がとても美しく、話の舞台は江戸時代という古臭いものですが、絵はとてもキレイで全然は古さは感じません。

この忍者マンガがアニメ化し、huluという動画配信サイトにアップされていたというわけです。

huluというのは一話いくらと料金を取るのではなく、月額933円で観放題というシステムの有料の動画配信サービスです。

早い話が、加入した限りは見まくらなければ損!というもので、私も加入してから見たい映画やアニメはないかな~と思って検索してると、このバジリスクを見つけたというわけです。

忍者マンガと説明しましたが、まさにその通りで、時代は戦国時代が終わり江戸幕府が開いたばかりの頃です。

忍者といえば伊賀甲賀を思い浮かべると思いますが、その伊賀甲賀の忍び達の血で血を洗う戦いのアニメです。

江戸幕府の徳川三代目将軍の跡目争いに巻き込まれ、伊賀と甲賀で戦うように命じられます。

もともと伊賀と甲賀は殺し合いをしていたのですが、戦国時代終焉の時に和睦が成立し、争いはもうしなくなっていましたが、この徳川家の命によりまた殺し合いが始まるということです。

それぞれ代表者を決め、皆殺しになった方がまけ、生き残ったほうのいてる勢力が勝ちという凄惨な戦いがスタートするわけです。

もちろん和平状態の頃は、それなりの交流があったのでお互い顔を見知った間柄での殺し合いです。

悲しいことに、その両勢力のトップは恋仲だったりします。平和な時代ならお互い結婚し、伊賀甲賀のよい橋渡しとなったかもしれません。

二人とも争いたくはありませんが、幕府からの命令には逆らえませんし、戦いが始まってしまった以上仲間内から死人も続出し、引くに引けない状況となり戦いが激化していきます。

忍者同士の戦いということで、出てくる登場人物もとてもクセのある人ばかりです。

どんな深手を負っても死なない不知火天膳、相手を操る撞術を心得たもの等、忍者マンガだとよく聞く設定ではありますが、現代風のキレイな絵柄でものすごい迫力で描かれており、観てても飽きません。

こういう時代設定の好きな人にはものすごくお勧めの作品です。

主人の髭が濃くて1日剃らないと顔が黒くなる

主人は髭が特に剛毛で1日でも剃らないと顔が黒っぽくなります。髭を剃ると別人のようにすっきりしますが、無精で休みの日などは面倒くさいらしく髭を剃らないことがあります。そうすると一緒に歩きたくないくらいひどい状態になります。髭があってもかっこいいと思える俳優さんもいるのに、なぜ主人は髭が生えると汚らしい感じになるのか不思議です。

体毛は濃い方ではないと思うのですが、髭だけは剛毛なのです。髭が薄かったらもっと男前になるのになぁと思うのです。髭が薄くなる良い方法はないか色々調べるのですが、男性の脱毛は一般的でないし主人には無理だと思うのでなかなかです。

最近、私の使っているムダ毛処理後に塗ると、ムダ毛が生えてきにくくなるクリームを塗るようにすすめているのですが、なかなか塗ってはくれません。主人にとっては髭が濃かろうとあまり気にならないみたいです。もう少し身なりを気にしてほしいのですが、本人はどうでもよいらしくなかなか思うようにはいきません。